『働き方改革&DXフェスティバル』開催!|熊本県社会保険労務士会主催

令和5年3月及び令和4年度平均の有効求人倍率・完全失業率を公表

令和5年4月28日、厚生労働省から、令和5年3月分及び令和4年度分の有効求人倍率が公表されました。また、同日、総務省から、同月分・同年度分などの完全失業率の結果が公表されました。

【令和4年度分(年度平均)について】

有効求人倍率:1.31倍・・・前年度に比べて0.15ポイント上昇(2年度連続の上昇)

完全失業率:2.6%・・・前年度に比べ0.2ポイント低下(2年度連続の低下)

令和4年度は、政府の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置がなく、社会経済活動が徐々に回復の動きをみせました。それを反映して、有効求人倍率・完全失業率ともに改善されています。しかし、コロナ禍前の水準にはまだ届いていない状況です。

【令和5年3月分 有効求人倍率】

1.32倍・・・前月比0.02ポイント低下(3ヶ月連続の低下)

<産業別>
生活関連サービス業,娯楽業(8.3%増)、宿泊業,飲食サービス業(5.9%増)、卸売業,小売業(3.1%増)などで増加
製造業(8.0%減)、建設業(6.3%減)、運輸業,郵便業(1.1%減)などで減少

 

出所:求人、求職及び求人倍率の推移(令和5年3月分)(厚生労働省)

<熊本県の有効求人倍率>
令和5年3月の有効求人倍率は 1.41倍・・・前月に比べて 0.04ポイント低下
令和5年3月の新規求人倍率は 2.33倍・・・前月に比べて 0.20ポイント低下。

新規求職申込件数(原数値)・・・前年同月比3.7%減。2ヶ月ぶりに減少
新規求人数(同)・・・前年同月比4.0%減で3ヶ月ぶりに減少

有効求人倍率(季節調整値)は、有効求人数(同)及び有効求職者数(同)がともに減少となり、有効求人数の減少幅が有効求職者数の減少幅を上回ったことから有効求人倍率が前月を下回りました。

「熊本県の雇用情勢」の詳細はこちらから

【令和5年3月分完全失業率】

総務省から公表された令和5年3月分の「完全失業率(季節調整値)は次の通りです。

2.8%(季節調整値) 前月に比べ0.2ポイントの増加

<就業者数>
就業者数は6699万人。前年同月に比べ15万人の増加。8ヶ月連続の増加
<完全失業者数>
完全失業者数は193万人。前年同月に比べ13万人の減少。21ヶ月ぶりの増加

令和5年3月については、原材料価格や光熱費の上昇や、より良い労働条件を求める自発的な離職者の増加などが、数値に反映されているようです。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<一般職業紹介状況(令和5年3月分)について>

<労働力調査(基本集計)2023年(令和5年)3月分>

 

最新情報

PAGE TOP