『働き方改革&DXフェスティバル』開催!|熊本県社会保険労務士会主催

【採用定着ラボ】応募率を高めるための求人原稿の作り方

最近では、採用ホームページを作成する企業も増えてきました。
でも、採用ホームページに掲載している求人原稿が求職者に届かなければ意味はありません。

では、応募率を高めるためにはどんなことが必要でしょうか?

採用ホームページに掲載する求人原稿では、
「求職者にはよくわからない表現や曖昧な記載を極力減らす」
「求職者にめんどうな対応を求めない」

といった点を気を付けることで、応募率を高めることに繋がります。

求人原稿では、具体的にどのような人材に来てほしいかをはっきりイメージして、
その人物が興味を持ってくれるような原稿作りをしていかなければなりません。

「とりあえず求人を出していい人が引っ掛かるのを待とう」
「あんまり具体的なことを書くと応募者が限定されそうだから、
多くの人に当てはまるようにあえてボヤっとした感じで書こう。」
では、結局誰にも届きません。


詳しくはこちらで解説しています。

 

 

最新情報

PAGE TOP