『働き方改革&DXフェスティバル』開催!|熊本県社会保険労務士会主催

マイナンバーカードと健康保険証の一体化~来秋より実施の見通し~

健康保険証を廃止し、マイナンバーカードを健康保険証(マイナ保険証)に移行する動きは、マイナンバーの紐付けに誤りのある事案が複数発生したことによりいったん保留となっていました。

この紐付け誤りについて、デジタル庁を中心として、関係府省と連携して政府全体で総点検と再発防止が進められており、12月12日に開催された会議「マイナンバー情報総点検本部(第5回)」では、マイナンバー情報総点検の実施結果等について説明が行われました。今回の総点検で、8,351件(0.01%)の紐付け誤りが判明したことが公表されました。

これを踏まえ、総理大臣から、マイナンバーカードと健康保険証の一体化については、「こうした国民の不安払拭のための各般の措置の進捗状況を踏まえ、法令に基づき、予定通り、現行の健康保険証の発行を来年秋に終了し、マイナ保険証を基本とする仕組みに移行することとします。」といった発言がありました。

早速、 2023年12月20日に開催された第127回全国健康保険協会運営委員会では、マイナンバーカードと健康保険証の一体化に関する説明が行われ、以下のポイントが示されています。

マイナンバーカードと健康保険証の一体化のポイント

POINT・ 健康保険証を廃止(マイナンバーカードによりオンライン資格確認を行い、受診することを基本とする)
発行済みの健康保険証は、施行後1年間有効とみなす経過措置
・ マイナンバーカードによりオンライン資格確認を受けることができない状況にある方には、申請に基づき、資格確認書を交付
・ 当分の間、マイナ保険証を保有していない方全てに申請によらず、資格確認書を交付
・ 健康保険証の廃止に伴い、マイナ保険証の保有者がご自身の被保険者資格等を簡易に把握できるよう、新規資格取得時や負担割合の変更時等に、資格情報のお知らせを交付

今後は、マイナンバーカードと健康保険証の一体に関して、各所から案内がされると思います。今後の動きに注視して、従業員への対応など適切に行っていきましょう。

最新情報

PAGE TOP