『働き方改革&DXフェスティバル』開催!|熊本県社会保険労務士会主催

社内を活性化させる?『役職定年制』の正しい導入方法とは?

役職定年制とは、課長職や部長職などの役職にある社員が一定の年齢に達したときに、その役職から退く制度のことです。

企業にとっては増加する人件費の抑制や組織の若返りを図りやすいといったメリットがありますが、正しく導入しないと、社員のモチベーションの低下や人間関係の悪化などを招いてしまう可能性があります。

大切なのは、役職定年制を制度として機能するように設計し、対象となる役職つきの社員に納得してもらうことです。

役職定年制がもたらすメリットとデメリットをふまえながら、導入に必要な手順を説明します。

ぜひ、参考にしてください。

最新情報

PAGE TOP