『働き方改革&DXフェスティバル』開催!|熊本県社会保険労務士会主催

【令和5年10月雇用状況】有効求人倍率・完全失業率ともに改善

令和5年12月1日、厚生労働省から、令和5年10月分の有効求人倍率が公表されました。
また、同日総務省より、令和5年10月分の完全失業率も公表されました。

令和5年10月分 有効求人倍率

1.30倍・・・前月より0.01ポイント上昇(改善)

上昇は、10か月ぶりとなりました。企業の求人がほぼ横ばいだった一方で、求職者数がわずかに減ったことが要因と分析されています。今後も上昇傾向が続くかどうかは見通せない状況のようです。

<産業別の求人数の動向>
学術研究,専門・技術サービス業(3.0%増)、宿泊業、飲食サービス業(2.2%増)、医療,福祉(1.3%増)
製造業(10.6%減)、建設業(6.2%減)、卸売業、小売業(3.0%減)などで減少となりました。

<都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)>
就業地別・・・最高は福井県の1.95倍、最低は大阪の1.10倍

出所:求人、求職及び求人倍率の推移(令和5年10月分)(厚生労働省)

<一般職業紹介状況(令和5年10月分)について(厚労省)>

熊本県の有効求人倍率(令和5年10月)

1.27倍・・・前月より0.02ポイント減

有効求人倍率(季節調整値)は、有効求人数(同)、有効求職者数(同)がともに減少し、有効求人数(同)の減少幅が有効求職者数(同)の減少幅を上回ったことから、有効求人倍率が前月を下回りました。

新規求人数(原数値)は、前年同月比11.1%減の12,492人で、8か月連続で減少となりました。うち一般フルタイム求人(同)は15.5%減の7,808人で8か月連続で減少となり、一般パートタイム求人(同)は2.5%減の4,684人で8か月連続で減少となっています。

「熊本県の雇用情勢」の詳細はこちらから


令和5年10月分完全失業率

2.5%(季節調整値) 前月に比べ0.1ポイントの低下(改善)

<就業者数>
就業者数は6771万人前年同月に比べ16万人の増加。15か月連続の増加

<完全失業者数>
完全失業者数は175万人。前年同月に比べ3万人の減少。2か月連続の減少

完全失業者数も2ヶ月連続で減少しています。人手不足が深刻になる中、これまで仕事を探していた人が就職できたと分析されています。

<労働力調査(基本集計)2023年(令和5年)10月分結果(総務省)>

 

最新情報

PAGE TOP